鈴きん的。

魔法先生ネギま!--応援ブログ--

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク | Yahoo!ブックマークに登録 | この記事をクリップ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク | Yahoo!ブックマークに登録 | この記事をクリップ!

218時間目 おっぱい危機一髪!!

[ 2008/07/04 00:27 ] [COMIC]24巻 | TB(0) | CM(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク | Yahoo!ブックマークに登録 | この記事をクリップ!
週刊少年マガジン2008年No.31(2008年7月2日発売)

【最近のお話】
亜子の「ナギ」への気持ちを知ってしまったネギは心中大混乱。同時にのどかが強力な賞金稼ぎに襲われたとの情報が! 急遽のどかのもとへ向かうネギ。「闇の力」を制御することはできるのか!?

【はじめのアオリ】
超強力・冷酷非情!
賞金稼ぎ結社が
のどかを襲う!!

【つづきのアオリ】
賞金稼ぎの前に
手も足も出ず!
次のいけにえはのどか!?



●クレイグ・パーティ
▽クレイグ・パーティーのメンバーは念話で会話している

のどかパーティーの面々は、みんな念話で会話をしています。
方丈にて徒然なるままに

→少なくともパクティオー(仮契約)しているから?

▽のどかもクレイグと念話で会話しているようだ
→いどのえにっき+読み上げ耳を使用しているから?
→耳を手で押さえているのは読み上げ耳を装着しているから?

▽リンは武器を持たずに戦闘している
→魔法拳士?

▽「目前で瞬動かまして分散霍乱するぞ」
→クレイグとクリスは瞬動を使える



●鬼神の童謡
▽「相手の顔が見える距離まで」
→発動条件のひとつは相手の顔が見えること?

▽「あなた達のお名前ッ…何ですかあぁー!!?」

あの「相手の名前を知る」マジックアイテムの発動条件は、相手に名を尋ねる言葉を発して、その言葉に相手が反応することかな?
すかーれっと航海中<日々研鑽>

のどかが叫んだ「あなた達のお名前は何ですか?」は、恐らく「鬼神の童謡」を発動する始動キーでしょうね。
十兵衛の呟きじゃあ!

→発動条件のひとつは相手の名前を尋ねる言葉を発すること?
→それとも相手に名乗らせること? この場合名乗った本人以外でもその周囲の者にも読心術の魔法がかかるという条件でなければ説明はつかないが。。。



●のどかの成長
▽「ダメだよ私 あきらめるな」

元男性恐怖症で、本の世界に埋没していた女の子のとれる行動ではない。クラスで最初にネギに恋し、小さな冒険を繰り返し、その過程でほんの少しずつ成長してきた成果として、今回の彼女の行動があるのだろう。
いや、ネギのクラスの最初の対外戦である、あのドッヂボール戦(6時間目)の時も、反撃ののろしをあげる行動に出たのはのどかだった。そして、最初の本格的な戦闘であるコタロー戦(41時間目)の時も。のどかの心の中には、最初から「強い精神」が宿っており、それを活用すべき場所を求めていたのかもしれない。
くろうのだらオタ日記

→いつも「わずかな勇気」をもって最初の一歩を踏み出すのは、のどかだった。

▽「ハルナのように 夕映のように 先生のように・・」
→木乃香の名前がでないということは、のどかにとって木乃香はハルナたちのような関係にはない?

▽「う…」
→パイオ・ツゥを睨む、のどかの表情には浮かぶのは怒り?



●「白き翼」
▽「白き翼のミヤザキノドカ」

なぜ「チコ☆タンと愉快な仲間たち」は、「白き翼」という名称を知っていたのでしょうか? メンバー(部員)の誰かが名乗った? いや、それは考え難い。自分がお尋ね者になっていると自覚している人間が、いちいち自分たちの事を語って歩く事など、まずあり得ないでしょう。
方丈にて徒然なるままに

チコ☆タンが白き翼の名を知っていたのも、戦っている過程で明日菜辺りがつい名乗りを上げてしまったのかもしれない。ともあれ、白き翼は、魔法世界では連続ゲートポート爆破テロ容疑者グループとして、しっかりと認知されてしまっているようだ。
くろうのだらオタ日記

→ザイチェフ達はなぜのどか達が「白き翼」メンバーであることを知っているのか?

▽「賞金額も鰻登りのサクラザキ ナガセ」

ゲート・ポート破壊事件の賞金チラシ見たんならアスナとか載ってるし、そもそも「白き翼」という名前がどこから出たのか不明。かといって依頼なら実行時のために各人の能力はある程度調べてあるはずだし単独行動時の刹那や楓といったってのどかとの連絡は当時まだとれてなかったはず。
法師の部屋弐

→ザイチェフ達はのどか、楓、刹那が「白き翼」メンバーと知っている。
→楓と刹那の賞金額が鰻登りなのは数々の賞金稼ぎを蹴散らしてきたから?

▽「白き翼」の情報はどこまで広がっているのか

ロゴ入りのパルの飛行船って危ないんじゃ…
日陰の中でひっそりと

→ザイチェフ達の所属する傭兵結社「黒い猟犬」のような大組織だから情報収集できたのか?
→誰かが意図的に「白き翼」の情報を流した?
→「白き翼」メンバーの捕獲を「黒い猟犬」に誰かが依頼した?



●パイオ・ツゥ
▽魔法世界では「名は体を現す」名前が多い

名は体を表すとはよく言いますが、中身まで完璧に表してますねw
これはもう言霊レベルじゃないですか?
そういえばカゲタロウも影使いだし、トサカは髪型が鶏冠だしw
魔法世界での名前っていうのはそういうものなのかも知れないですね
流浪の聖戦士の人生流浪中

→魔法世界特有の設定(たとえば名前に呪がかかっている)なのか、単なる手抜きかw

▽「戦利品と考えていいネ」

それとみんな分かってるとは思うけど、ヤツがおっぱいハンターなのを知ってるのは多分のどかだけなんだろうね(笑)
もめんたむ (質量×速度)

→パイオ・ツゥはたぶん女性ばかりを「戦利品」としているが、その真の理由を知る者はいない?

▽エロ担当としてやりすぎた?

正直、今回パイオ・ツゥさんのおっぱい好きの設定、蛇足だった気がします。
十兵衛の呟きじゃあ!

考えてみると、エロ担当なキャラというのは…カモとコイツくらいのモンです。おまけにカモがオコジョであり、「発生した“エロい状況”に大喜び」が関の山、すなわち“受け身のエロ”なのに対して、コイツは能動的に触手エロを発生させようとしています。
今まで作品中で描かれたエロがカモ型(タイプ)ばかりである事を考えると、このパイオ・ツゥなる野郎は同人誌(もちろん18禁)とかなら便利この上ないキャラ(笑)なんですが、正直本編では…やりすぎな感じがしますね。
漫画版「魔法先生ネギま!」感想/わいわい会議室




●傭兵結社「黒き猟犬」
▽シルチス亜大陸で名を上げている賞金稼ぎ結社
→所属している者は黒衣装を身にまとっている

▽賞金稼ぎ部門第17部隊
→少なくとも部門には4名×17部門=68名以上が属している
→それ以外の部門もあるから少なくとも100名以上から成る組織



●果たし状
▽「のどかさん 助けに来ました」
→果たし状にはすでに「のどかを人質にしている」と書いてある?
→実際にのどかを人質にしたのは果たし状を送った後だが、ザイチェフ達の実力なら簡単にのどかを人質にできるからどちらが先でも構わなかったことを意味する?

▽果たし状はどうやって刹那と楓に届けられたのか?

果たし状を送ったと言う事は二人に情報を送る事が出来る
漫画版「魔法先生ネギま!」感想/わいわい会議室

→ザイチェフ達は事前に刹那と楓の居場所を知っていた?
→刹那と楓の居場所をつきとめた者はザイチェフ達でなく「黒き猟犬」の情報収集部門の者か?
→誰かが刹那と楓の居場所をザイチェフ達に教えた可能性は?



●対軍用魔法地雷
▽「使用許可取るのも面倒だったが…」

この地雷、使用許可が必要みたいですが、チコ☆タンはよく使用許可取れたな。
やはり基本犯罪者である賞金首を捕らえてくれる賞金稼ぎは重要な存在なのか。
日陰の中でひっそりと

きっと警察に道路使用許可を提出してるんですね?わかります(笑)
もめんたむ (質量×速度)

許可を取るのが大変だった・・・というのは政府とかにではなく組織の上層部に対してでしょうね。
法師の部屋弐

→どこから許可をとったのか?
→許可された理由は?

▽魔方陣の中に置き去りにされたままのクレイグとクリス

100秒いかずに明日菜が無効化したとはいえ、対軍用魔法地雷を食らった(と思われる)クレイグとクリスは無事なのだろうか?
すかーれっと航海中<日々研鑽>

→クレイグとクリスの安否は?

▽「かなり値はかったが奴等になら惜しくはない」

転移魔法符に対軍用魔法地雷、一体いくらの出費なのでしょうか? 逆に考えれば、“白き翼”を捕えればその出費を補って充分お釣りが来るという計算なワケです。となると…真に問うべきは、「一体いくら賞金かかってんだ?」ですかね。
漫画版「魔法先生ネギま!」感想/わいわい会議室

→高額な転移魔法符に対軍用魔法地雷を使用しても、それに見合うだけの賞金が「白き翼」メンバーには懸けられている?



●神楽坂明日菜
▽「バカな 何者だ あの女…」

賞金稼ぎ達は何故明日菜の存在をスルーしたのだろうか? たまたま刹那と楓の存在しか確認できなかったのか、それとも実は明日菜の賞金が解除されていたとか? 彼女の正体を知る何者かが政治的に動いたという事もありそうですが……。でも、それならネギ達の賞金も解除されていても良さそうなものだしなぁ……(世界を救った英雄の息子とそのパーティですから)。
江戸前ネギ巻き寿司

→どうしてザイチェフ達は魔法無効化(マジックキャンセル)能力を持つ明日菜の存在を知らなかった?
→「白き翼」メンバーの情報に偏りがある?
→誰かが意図的に明日菜の情報を隠蔽している?

▽明日菜はどうやってこの場所にきたのか?
→ネギは先に杖で飛んでいったはず。パルの飛行船?
→パルの飛行船ならば近くにパルや古菲たちもいる?
→ネギがパクティオーカードで呼び寄せた?



●次回の展開
▽暴走するネギの「闇の力」を明日菜がとめる?

「闇化したネギが暴走したら明日菜のマジックキャンセルでしか止められない」というような描写が発生しそうな気がしますね。
のびゆく麻帆良市

次回はネギが闇の魔法で敵を撃破。しかし、術が暴走して、それをのどかが止めようとするも止まらず、明日菜が止める……って感じの展開になるのでしょうか?
江戸前ネギ巻き寿司

ネギくんはかなり無謀な修行の成果を、明日菜を含む皆の前で披露してしまうようですが、戦いの後も心配ですね。
拳闘大会に響かなければよいのですが。
ネギま!のなにか


▽ネギが暴走したら明日菜やのどかはどう反応する?

気になるのはこの後(次回以降)ののどかの反応なんですよね
のどかのネギに対する気持ちっていうのは勿論恋愛感情なんでしょうが、それと同時に恋に対する憧れっていうのもかなり大きい気がします
純真なのどかのことですから、その対象となるのは心身ともに綺麗で真っ直ぐな相手でしょう
今までのネギは正にその相手としてふさわしい存在でしたが、今回のどかの前に姿を現したネギは、見るからにその対極であろう姿をしています
これをきっかけにして、のどかがネギに距離を感じ始めるっていう展開はものすごくアリだと思います
流浪の聖戦士の人生流浪中

闇魔法を使うネギの姿を見て明日菜達がどんな反応をするのかが気になります。
それこそ、闇魔法の衝動に任せて攻撃しまくり相手の骨も残らない位のことになったら・・・(^^;。
そこまで行かなくても「拒絶」の方が可能性としては高いだろうと思います。
それが元でネギを中心とした絆が崩れていくことになるでしょうね・・・。
そうなってほしくないと願う方もいると思いますが、自分は皆が再会を果たしてこれまで通りのままでいるよりは、むしろ一度絆がバラバラになってそれを再び築いていくという展開を望みます。
漫画版「魔法先生ネギま!」感想/わいわい会議室


▽ザイチェフ達も実はそんなに悪人でもなかったという描写にした理由

後半、そういった今まで敵っぽかった人を含めて助けなきゃならないみたいなお話になるんじゃないかと想像中。既にフェイトの「世界を救う」の所あたりから、世界が終わるどうのこうのというお話になりそうな雰囲気になってますからね。世界が終わるどうこうとなっては、今回は敵キャラの賞金稼ぎさんなんかとも協力したりするのかな、とか。
:ランゲージダイアリー


●畳み掛けるバトル展開は好評、しかしエロい部分には否定的意見が多い

私はここ十数週の中では1番面白いです。
ネギま!部屋(楊さんのページ別館)

王道的展開+触手もあるよ、てな感じで個人的には大満足のエピソードでした。
暗宙飛躍

個人的にすごく満足な回でした。
アスニフルユメ。

マジックキャンセルでゴスロリ明日菜登場→闇ネギ登場の流れは燃えました
ランゲージダイアリー


描きたい事」に問題はないんだけど「その見せ方」の軸がだいぶぶれてしまってるように思える話でした。
今回の話を笑える神経は描く側も読む側も相当麻痺しちゃってると思うのは自分だけでしょーか?
beyond reasonable doubt

今回は、かなり暴力的でエロエロな回と言う事が出来るだろう。この「エロ」については、このサブタイトルの他にも、おっぱい魔人を設定する事によって、逆にギャグの範囲内に押さえ込もうとしているが、実質収まっているとは思えない。
くろうのだらオタ日記

エロい部分は気にならないんだけど、ギャグが蛇足かと
SIA'S DIARY

これまで「ネギま!」のえっちぃ場面はどこか笑えたのですが、今回はシリアスなシーンなためか、全然笑えないどころか、のどかが服を無理矢理剥がされるのに腹立たしさを感じました
いけやんのお部屋なの?♪(^▽^)

実を言えば赤松先生の日記予告を見た時点で渋り顔をしてました。
clover1517

クレイグパーティ、あれ結構シャレにならない状況だよね…
完全に命の危機ですが、特に女性2人は貞操の危機でもあるわけで
掲載誌がマガジンじゃなくてヤンマガだったら、確実に大変なことになってます
なんだかこの後がギャグチックになったおかげでお茶を濁された感がありますが、この展開はどうなのかと
いや、別に嫌なわけではないんですが、シリアスならシリアスで押し通して欲しかったかなと
この後の展開と比べて、どうにも浮いちゃってるような気がしてならない…
流浪の聖戦士の人生流浪中

→Hコメディとしての範疇を超えた描写と受け止めた人が多い
→魔法世界におけるネギたちの戦う相手は「冷酷非情」で人を殺していたり狡猾な罠を張り巡らせるような卑劣な者と描写せざるを得ないが、それは多くの読者にとって『ネギま!』に望む敵キャラだろうか?
→ルールのあるスポーツレベルでのバトル、ルール無用の命のやり取りでのバトルのどちらが『ネギま!』ファンに好まれるのか?
→敵の強大さや対峙したときの緊迫感を、殺人も厭わず凌辱を好むような描写以外で表現できるのか?
→この意味において『ネギま!』は描写の方向性の岐路にある?



【おわりのアオリ】
ネギ・パーティ
最強の役者そろう!
次号、ネギの怒りが大爆発!!



赤松健日記帳

2008年6月13日
今日から218話目の執筆開始。
いよいよ○○○○が炸裂するか?!

2008年6月18日
218話目、かなり順調です。
これなら締め切りの金曜日には余裕で終わりそう。

2008年6月20日
218話目脱稿。珍しく、余裕を持って完成しました。
ちとエロい部分もありますが、なかなか面白いと思います。(^^)

関連記事

[ 2008/07/04 00:27 ] [COMIC]24巻 | TB(0) | CM(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク | Yahoo!ブックマークに登録 | この記事をクリップ!
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
多機能カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
【展開可能な】ツリーカテゴリ表示
プロフィール

鈴きん

カウンター 


ブログ内検索
なかの人

DVD

【2007/07/04発売】
ネギま!? Princess Festival DVD
ネギま!? Princess Festival DVD

【2006/01/31発売】
ネギま!? Ⅰ SP
【2006/02/28発売】
ネギま!? Ⅱ SP
【2006/03/28→04/25発売】
ネギま!? Ⅲ SP
【2007/04/25→05/30発売】
ネギま!? IV SP
【2007/05/30→06/27発売】
ネギま!? Ⅴ SP
【2007/06/27→07/25発売】
ネギま!? VI SP
【2007/07/25→08/29発売】
ネギま!? Ⅶ SP
【2007/08/29→09/26→10/10発売】
ネギま!? Ⅷ SP
【2007/09/26→10/31発売】
ネギま!? Ⅸ SP
【2006/03/07発売】
ネギま!? Ⅰ
【2007/04/11発売】
ネギま!? Ⅱ
【2007/05/09発売】
ネギま!? Ⅲ
【2007/06/06発売】
ネギま!? Ⅳ
【2007/07/11発売】
ネギま!? Ⅴ
【2007/08/08発売】
ネギま!? VI
【2007/09/05発売】
ネギま!? Ⅶ
【2007/10/10発売】
ネギま!? Ⅷ
【2007/11/07発売】
ネギま!? IX

【2006/10/25発売】
OVA・春 スペシャル版
【2006/11/22発売】
OVA・夏 スペシャル版
【2006/12/21発売】
ネギま!?春
【2006/12/21発売】
ネギま!?夏

【2007/04/11発売】
ネギま!? Magical X'mas DVD

【2007/07/25発売】
ネギまほラジお!? ファンディスクDVD 1
【2007/09/26発売】
ネギまほラジお!? ファンディスクDVD 2

【2005/06/22発売】
麻帆良学園中等部2-A Magic 1 (初回限定版)
【2005/07/21発売】
麻帆良学園中等部2-A Magic 2
【2005/08/24発売】
麻帆良学園中等部2-A Magic 3
【2005/09/22発売】
麻帆良学園中等部2-A Magic 4
【2005/10/26発売】
麻帆良学園中等部2-A Magic 5
【2005/11/23発売】
麻帆良学園中等部2-A Magic 6
【2005/12/21発売】
麻帆良学園中等部2-A Magic 7

【2005/03/24発売】
麻帆良学園中等部2-A ホームルーム
【2006/03/29発売】
麻帆良学園 大麻帆良祭

【2008/01/23発売】
TVドラマ魔法先生ネギま!DVD-BOX 1学期
【2008/03/26発売】
TVドラマ魔法先生ネギま!DVD-BOX 2学期
【2008/05/21発売】
TVドラマ魔法先生ネギま!DVD-BOX 3学期

CD

【2008/12/17発売】
ドラマCD 『魔法先生ネギま! ~白き翼 ALA ALBA~ 言っておきたいことがある!』
ドラマCD 『魔法先生ネギま!~白き翼 ALA ALBA~ 言っておきたいことがある!』

【2008/12/10発売】

「カンださん☆アイぽんのネギまほラジお」復活スペシャルDJCD

【2009/03/11発売】

DJCD「カンダさん☆アイぽんのネギまほラジお ネギら部」第二巻

【2008/08/27発売】

ハッピー☆マテリアル リターン

【2006/11/08発売】
OP 1000%SPARKING!
【2007/01/11→24】
1000%BOX
【2006/12/06発売】
ネギま!? うたのCD(1)
【2007/03/07発売】
ネギま!? うたのCD(2)
【2007/09/26発売】
ネギま!?ベストアルバム

【2007/02/07発売】
Sound Collection ~Cantus Ⅰ~
【2007/04/11発売】
Sound Collection ~Cantus Ⅱ~

【2007/08/17発売】
らぶ☆センセイション<ネギ&明日菜ver.>
【2007/08/17発売】
らぶ☆センセイション<木乃香&刹那ver.>

【2007/01/24→02/07発売】
ネギま!? ドラマCD vol.1
【2007/03/21→28→04/25発売】
ネギま!? ドラマCD vol.2
【2007/05/23→06/27発売】
ネギま!? バラエティドラマCD VOL.1
【2007/07/25→08/23→22発売】
ネギま!? バラエティイドラマCD vol.2

【2007/03/28発売】
ネギま!? Magical X'mas CD
【2007/06/13発売】
ネギま!? Princess Festival CD

【2007/03/28発売】
DJCD「カンださん☆アイぽんのネギまほラジお!?」Part.1
【2007/06/27発売】
DJCD「カンださん☆アイぽんのネギまほラジお!?」Part.2
【2007/04/25発売】
DJCD「カンださん☆アイぽんのネギまほラジお!?」SP1
【2007/08/22発売】
DJCD「カンださん☆アイぽんのネギまほラジお!?」SP2

【2005/02/16発売】
1月度OP ハッピー☆マテリアル
【2005/03/02発売】
2月度OP ハッピー☆マテリアル
【2005/04/06発売】
3月度OP ハッピー☆マテリアル
【2005/05/11発売】
4月度OP ハッピー☆マテリアル
【2005/06/08発売】
5月度OP ハッピー☆マテリアル
【2005/07/06発売】
6月度OP ハッピー☆マテリアル
【2005/08/03発売】
最終話ver. ハッピー☆マテリアル

【2005/02/16発売】
4月~6月ED 輝く君へ
【2005/05/11発売】
7月~9月ED おしえてほしいぞぉ、師匠

【2004/01/21発売】
4月 神楽坂明日菜
【2004/02/25発売】
5月 近衛木乃香
【2004/03/24発売】
6月 図書館探検部
【2004/04/21発売】
7月 まほらチアリーディング
【2004/05/26発売】
8月 長谷川千雨
【2004/06/23発売】
9月 運動部仲良し4人組
【2004/07/22発売】
10月 科学と肉まん
【2004/08/25発売】
11月 武道四天王
【2004/09/23発売】
12月 雪広あやか
【2004/10/27発売】
1月 闇の福音&ドール
【2004/11/26発売】
2月 いたずら3人組
【2004/12/22発売】
3月 文化部4人組

【2004/04/28発売】
麻帆良学園中等部2-A 1学期
【2004/08/25発売】
麻帆良学園中等部2-A 2学期
【2004/12/22発売】
麻帆良学園中等部2-A 3学期

【2005/03/09発売】
オリジナルサウンドトラック+α
【2005/10/26発売】
オリジナルサウンドトラック 2

【2006/03/29発売】
「大麻帆良祭」ライブCD

【2005/12/21発売】
DJCD「カンださん☆アイぽんのネギまほラジお」Vol.1
【2006/02/22発売】
DJCD「カンださん☆アイぽんのネギまほラジお」Vol.2
【2006/03/24発売】
DJCD「カンださん☆アイぽんのネギまほラジお」SP1

【2006/01/25発売】
ドラマCD Vol.1
【2006/04/26発売】
ドラマCD Vol.2
【2006/07/26発売】
ドラマCD Vol.3
【2005/10/28発売】
特別授業~お祭り騒ぎに愛に恋!
【2006/02/20発売】
特別授業Ⅱ~踊る!?大麻帆良祭

【2007/10/24発売】
Pink Generation

【2007/10/24発売】
つよくなーれ
【2008/02/06発売】
ユウキノアジ!
【2008/03/26→04/09発売】
Endless Sky

【2007/11/28発売】
Yes!バカレンジャー!
【2007/12/26発売】
Move On!
【2008/03/12発売】
kIzuna
【2008/05/21発売】
pRythme 0
【2008/04/12発売】
Chuttie Magic

【2007/11/21発売】
31'S LOVE



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。